ワクワク湯番頭の『非日常的つぶやき』

アクセスカウンタ

zoom RSS 2010年・たいやきの変化

<<   作成日時 : 2010/02/03 21:07   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像


最近、このブログのアクセス状況を見ていて、意外にも「たいやき」をネタにしたブログが検索されていることがわかりました。
過去2回ほどネタにして、「白いたいやき」と「薄焼きたいやき」の回と、「子持ちたいやき」の回ですが、一日1回くらいは見られているような感じです。

その謎が、2日の「ズームイン!!SUPER」(日テレ)でやっと判明しました。

どうやら、昨年あたりから、たいやきがちょっとした変化をしているらしいのです。

内容は、新しい切り口のたいやきとして、今まであんこだけだったものが、クリーム、チョコ、ジャム、はちみつ(メイプル)、バターなどの新しい中身のたいやきが生まれてきたことです。
これはすでに数年前からそんな動きはあったので、まだまだ可能性はありそうです(なんかいっときの中華まんのような感じになってきましたが)。

また、たいやきの味わい方、食べ方もちょっと変わってきて、カフェのようなオシャレなお店で、コーヒーとたい焼きなんて楽しみ方が広がってきたようです。
一方では、朝食にたい焼きということで、たいやきリゾットなんて発想も現れました。

今、こうしたたい焼きの変化に火をつけようとしているのが、「尾長屋」「藤屋」などのFC展開のたい焼き屋の新規参入組です。
今までのたいやきと発想はまったく違い、ただテイクアウトだけでなく、いろんな可能性を広げようとしているように思います。

ティラミスやナタデココなどにはじまり、最近では生キャラメルやマカロンなどが流行りましたが、ここで突如和風スイーツの基本であるたい焼きが注目されてきたということは、低価格、親しみやすさ、老若男女問わず人気、という条件が揃っている安定した商品だからでしょうね。

そういえば、羽付たいやきの「神田達磨」も、アキバに店ができ、週末はけっこう行列になっています。
アキバのヲタ、いや若者たちも、甘いものには目がないようです。。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
2010年・たいやきの変化 ワクワク湯番頭の『非日常的つぶやき』/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる