ワクワク湯番頭の『非日常的つぶやき』

アクセスカウンタ

zoom RSS 携帯会社、乗り換えるなら今??

<<   作成日時 : 2006/09/15 23:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

画像


いよいよ、来月24日より携帯電話の「ナンバーポータビリティサービス」(MNP)がはじまります。
これにより、携帯会社を変えても現在の電話番号をそのまま移行させることが可能で、携帯会社間の乗り換えが加速するものと思われます。

手数料は2100円。各社とも、今月1日から「乗り換え予約」として、2000円相当のポイント付与をして、手数料分の還元をしています。

また、ソフトバンク(ボーダフォン)に至っては、「i−Pod nano」とのセット契約割引(スーパーボーナス)というものをやっていて、さすがにソフトバンク流のやり方が始まっています。

auでは、店頭で「乗り換え促進」をアピール。音楽携帯というジャンルを確立して、若い層に圧倒的に強いau、かなり有利な戦いができるのではないでしょうか。

ドコモでは、ドコモショップで「MNP相談」を行っています。圧倒的シェアのドコモも、今回ばかりはかなり他社の動きに慎重な構えのようです。

もちろん、携帯会社を変えた場合は、新規登録となるため、新規登録手数料2700円〜3000円程かかりますし、今までの繰越となった通話料、ポイントなどもすべて消滅してしまいます。
メールアドレス(ドメインの部分)も変わってしまいます(AOLやYahooモバイルなどのWEBメール利用者はそのまま変わりませんが)。
そのヘンがネックで、乗り換えをしない人も多いかもしれません。

そういうワタシ、PHSの時代からのドコモユーザー(当時はNTTパーソナル)ですが、当面は乗り換えする予定はありません。
やはり、大手の強さを実感したため、他社携帯に乗り換えができません。

それは、吹雪の日車がスタックして動けなくなった時、友人の携帯はまったく役に立たず、通じたのはドコモ(mova)だけだったという事がありました。
今は通話エリアは拡大しているはずですが、大手ならではの通話の安定感はさすがですね。
(他社は固定電話とくにIP電話からの接続も遅く、音質もよくありませんね)。

もちろんそれだけではないでしょうから、いろいろとカタログを見て検討するいい機会かもしれません。
ただ、基本料金はどこの会社に移っても大差ありません、要はよく話す人がどこの携帯会社を使っているか、話す時間帯が何時頃が多いかが料金の差であって、他社に乗り換えたからグンと安くなったなんて、錯覚に陥ってはいけません(←各社のパンフレット上の理論値です)。
あとは、魅力ある端末を作っているか?コンテンツが豊富か?そのヘンになるでしょうね。

あと1ヶ月と少し、各携帯会社にとっての熾烈な客引き合戦が始まりました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
このMNPは「他社に変更する時に限り」って事ですか?
今までは同じメーカーで新規にした場合も電話番号、メルアドは変わってましたよね。
同じ携帯会社の新規契約でも有効なんでしょうか?
coo
2006/09/16 08:23
実は昨日、自分の2台目の携帯をauからドコモへ。ファミリー割引の強さと年割が決め手です。

番号とメルアド変わるのは面倒でしたが、契約月に解約してしまわないと、解約手数料が痛いですね。
左馬助
URL
2006/09/16 09:05
>cooさん

同一会社で新規の場合というのは、2台持ってその1台に今使っている携帯番号を。。ということでしょうか?
基本的に、このMNPは他社への乗り換えについての不満に対する措置ですから、同一会社の場合はその会社ごとの判断になりますね。
メアドは同一メーカー内で移行できますが、アドレス変更しても旧アドレスは30日くらいは生きてますから、それを計算して同じアド移行することもできるはずです。

>左馬助さん

そう、年間割引契約の事にも触れておくべきでした。他社に乗り換えると「違約金」が発生するんですよね。
予想外のS社の携帯なんて、違約金最大1万とられますからね。ヤクザの手切れ金並みです。

今、MNPでメアドが変わる不安に対応すべく、WEBメール各社もこれをチャンスとばかりに、勧誘活動をしています。外部サーバーメール使うと少し割高になりますが、パケホーダイじゃ関係ありませんからね。
番頭
2006/09/16 09:32

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
携帯会社、乗り換えるなら今?? ワクワク湯番頭の『非日常的つぶやき』/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる