ワクワク湯番頭の『非日常的つぶやき』

アクセスカウンタ

zoom RSS 隠すのがマナー?じゃないのか?

<<   作成日時 : 2011/11/30 21:23   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


昨日も行ってきました、スーパー銭湯。
今回は、以前八潮市に住んでいた時、頻繁に通っていた「湯屋処まつばら」です。

ここは、東武線松原団地駅より南に3分ほどの、駅近のスーパー銭湯です。
なにしろ、露天風呂は東武線の線路の横にあり、電車が通るたびに音が聞こえるほどのところです。

以前と変わったのは、フロントの位置。
以前は大浴場へ行く階段の下にあり、再入浴ができなかったのですが、入口すぐ近くにフロントをもってくることによって、お食事処で休憩してから再度入浴できますし、マッサージやエステ、カットをしてもらってからの入浴もできます。

なにしろマンモス団地の近くにあるため、土日の夕方は子供が多く落ち着かないですが、平日は至って普通です。
ただし全体に浅めで、肩まで浸かるには寝転がらなくてはならず、またぬるめの湯なのであったまるのも時間がかかります。
しかし、お風呂の種類の多さ、ふたつあるサウナルームなど、まだまだ魅力は褪せていません。

ここはクルマで来た場合は、東武線の高架の下に停めますが、入れ方が前向きと後ろ向きで指示されており、これを守らないとえらく苦労します。
特にワンボックスと外車は大変ですので、指示どおり入れましょう、それにしても狭すぎですが。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ところで、最近、大浴場で前を隠さずはいる人多くありませんか?
特に20代以前の若い人に多いですが、男に限らず女も前を隠さずにはいってくる人が多いらしいのです。
以前同行した女の子に聞いたところ、若い女の子がなんとサウナに隠さず堂々とはいってきたとのこと。
凄いなぁと驚きましたが、別に珍しいことじゃないそうです。
GREEのコミュでもこの話題が出てきましたが、「隠すほうが少数派」にはびっくりです。

ワタシたちの世代(ちなみに40代)は、銭湯でタオルで前を隠してはいるというのが、当然のエチケットと教わってきました。
「前を隠してはいる」のが大人の仲間入り、のようなものがあったものです。
銭湯の入り方ルールなどにも、こういったイラストがあったはずです。
ちなみに「恥ずかしいから」でなく、「お風呂にはいる時のしきたり」みたいなもので、飛び込むのでなく、優雅にはいる上ではこうした入り方が当たり前ではないかと思います。

若い世代に隠さない人が多いのは、銭湯など公共浴場慣れしていない人が多いからだと思います。
もう家に当たり前に風呂がついている、これでは銭湯など行かないので、公衆浴場のルールなんて教えられないし、知らないのが当たり前。

むしろ、「お風呂や温泉だから、開放的にはいる」のだそうで、「隠すのはおかしい」とも。
なんということ、ジェネレーションギャップですねぇ。

ワタシはもちろん隠すし、隠さない人の神経はおかしいと思っています。
あなたは、「隠す派」ですか?「隠さない派」ですか?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
隠すのがマナー?じゃないのか? ワクワク湯番頭の『非日常的つぶやき』/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる