ワクワク湯番頭の『非日常的つぶやき』

アクセスカウンタ

zoom RSS のれんは主張する!

<<   作成日時 : 2011/10/02 08:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


ワタシの「イマつぶ」のアイコンになっている、温泉やスーパー銭湯の浴場入り口に掲げられている、のれん
いつも何気なくみているものですが、各施設ともに微妙にデザインが違っているもんなのですね。

こののれんを撮影し始めたのはつい最近です。
施設内、特に浴場内での撮影、カメラ付き携帯の使用がうるさくなっており、各施設の画像を残す時に便利なので撮りはじめました。
のれんには、各施設の名前がはいっているものもあるので、画像の整理をするときに便利です。

温泉や銭湯好きの人も、こののれんを撮影している人は意外に少なく、先日某コミュでこの話をしたところ、いろんな人からレスをいただきました。
ただ、最近のスーパー銭湯は岩盤浴やマッサージの受付がこののれんの近くにあるため、受付の人にヘンな目で見られることも多いのが難点です。

そんななか、何点かののれんコレクションを公開したいと思います。

まずは、↑画像上から。
佐久市(長野県)の郊外にある、「布施温泉・ふれあいの湯」
ここは、男女入れ替え制をとっているせいか、「男」「女」の字がデカくなっています。
また、横長ののれんで、他の施設より大きくなっています。

続いて画像下。
上田市(長野県)の別所温泉にある、「あいそめの湯」
ここは標準的なサイズののれんで、ここも男女の文字が中央に配置されており、はっきりとわかりやすいです。

画像


続いて↑画像上。
あきるの市(東京都)の「瀬音の湯」
ここの特徴である、「貸切風呂」ののれんを撮影してみました。
青赤の男女ののれんと、オレンジの貸切風呂ののれん。
すごく目立っていますが、「男湯」「女湯」の文字は縦書きで、やや小さめに書かれています。

画像下は、上尾市(埼玉県)の、「スパ花咲の湯」
ここはアジアンテイストと、花いっぱいの露天風呂が売りのせいか、のれんの右下に花(蓮の花?)が描かれています。
この男女浴場入り口にも植物が配置されており、のれんもイメージづくりにひと役買っています。

画像


各施設名を入れたのれんも多くみられます。
↑画像左は、北浦和(埼玉県)にある「湯屋敷孝楽」
赤青各一色ののれんが多い中、ここは二色なのが特徴。
「おとこ湯」「おんな湯」はひらがなで書かれており、多くのスーパー銭湯をプロデュースしている玉岡設計ならではの雰囲気も感じられます。

画像右は、板橋区(東京都)にある、「さやの湯処」
ここは施設名が中央にきており、男女の文字は右下になっています。
男女入れ替え制ではないので、小さく書いてもさほど問題はないのでしょう、字体もこの施設の雰囲気をよく表しています。

画像


最後の二枚です。
↑画像左は、渋川市(群馬県)の「北橘温泉・ばんどうの湯」
ここののれんは長いですが、男女の文字は小さく、シンプルにまとまっています。
色使いも薄紫と薄いピンクとなっていて、目にやさしい色です。

画像右は、久喜市(埼玉県)の「森のせせらぎ・なごみ」
ここはとにかくこれでもか、というくらい男女の文字がデカいです。
実はここ、隣にケアハウスがあり、また高齢の人に配慮してか、大きな字を採用したのかと思われますが、どうでしょうか?ここまではっきり目にはいるのれんも特徴的です。

このように、のれんひとつとってみても各施設のこだわりや、小さな配慮が感じられます。
一度お風呂に入りにいったら、そんなところも注目してみてはいかがでしょうか?
まだまだのれんの画像はあります、ご要望があれば再度公開したいと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
のれんは主張する! ワクワク湯番頭の『非日常的つぶやき』/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる