ワクワク湯番頭の『非日常的つぶやき』

アクセスカウンタ

zoom RSS 思い出の街陸前高田

<<   作成日時 : 2011/03/26 02:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


あの震災当日から半月たちました。
依然余震の恐怖は毎日続いており、また地震の余波での原発問題、そしていよいよ水道水にまで放射能汚染の危機と、ますます暮らしは不安に満ちてきました。

ワイドショーでは各局とも被災地に飛び、レポートを常に放送しておりますが、その悲惨さたるやまさに言葉を失ってしまうほど。
東北に友人をもつワタシとしても、ちょっとひと事とは思えず、なんとも言いがたい状況の毎日を画面で確認しています。

とくに、ズームインSUPER(日テレ)で羽鳥アナが現地の岩手県陸前高田から中継をしていた時、思わず唖然としてしまいました。
この陸前高田ですが、ワタシにとっての思い出の地のひとつであり、バイクで2度ほど訪ねました。

実はこの陸前高田、当時片思いであった会社の後輩を追いかけ、バイクで旅をしたのが15年前。
もちろん玉砕に終わりましたが、その後しばらく年賀状のやりとりはあり、けっして糸が切れたわけではありませんでした。

その彼女も現在は東京に移住してしまいましたが、まったく音沙汰がなくなり、その子の友人を通してのまた聞きでの情報をもらっています。
ただ、今回の震災で実家の状況がかなり心配で、山沿いに住んでいたとはいえかなりの被害はあったはず、どうなっているのか心配です。

↑画像は、陸前高田の海沿いの道の駅タピック45からの風景です。
後ろに見えるキャピタルホテルは当時の彼女の勤務地でありますが、今回の震災ではかろうじて残っていたのがテレビ画面から確認できました。
しかし、この一帯は津波で見事に水没したとみられ、一瞬にしてこの美しい風景は失われました。
この周辺は名所である「高田松原」という美しい海岸線の海ですが、しばらくは見ることができません。

画像


↑画像上が、陸前高田から少し走ると現れる「碁石海岸」(大船渡市)です。
地面の石が整然と丸く、まるで碁石のようなのでその名がつきました。
このあたりは名勝地であり、さらに天然記念物に指定されていますが、ここも津波の被害で美しい景色が失われたはずです。

画像下は、ぐっと南下し、宮城県の女川町の白浜岬です。
ここのおだやかな風景と、ぐっとおとなしくなるリアス式海岸、牡鹿半島をのぞむ風景はきれいでしたが、今回の震災でどれだけの被害が出たか、計り知れません。

思い出の地がこうして震災にあい、街並みも美しい風景も失われてしまいましたが、いち早い復興を心待ちにしております、そしてそのための支援は募金ならびに献血等で十分に行いたいと思っております。
あの新潟だって、神戸だって、震災から復興してます、頑張っていきましょう!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
思い出の街陸前高田 ワクワク湯番頭の『非日常的つぶやき』/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる