ワクワク湯番頭の『非日常的つぶやき』

アクセスカウンタ

zoom RSS おばぁちゃんカフェとおばちゃんマック

<<   作成日時 : 2010/11/23 11:12   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像


先週、友人に連れられて、行ってきました「カフェ・ロッテンマイヤー」
「アルプスの少女ハイジ」のクララの家のメイド長である、ロッテンマイヤーさんをイメージした期間限定のカフェで、池袋の東京芸術劇場の前に仮設でオープンしています。

女性は「お嬢様」、男性は「お坊ちゃま」と呼ばれ、自己申告の誕生日には美しいコーラスが聴かれます。
またメイドさんたちは、ホンモノのおばちゃんに混じって、おばぁちゃんメイクの若い娘(舞台女優さんのような感じ)もおり、そのメイクの忠実さに驚きます。誰がニセモノおばぁちゃんかは、手と足を見て見分けてください。

この日はテレビの取材がはいっていて、ワタシもちょっとだけ映ってしまったようです(恥ずかしい・・・)。
しかも「お坊ちゃま」です、この歳で。。。ああ、恥ずかしい。
ちなみにワタシはこの放送を見逃したので、見た方ちょっと教えてください。

このカフェ、28日までの土日と今日の残り3日間のオープンです。
この独特の雰囲気のカフェ、多少待ち時間は覚悟の上でも、話のタネにいかがですか?

ところで、先日埼玉のある幹線道路(16号線)沿いのマクドナルドで、朝マックしました。
このお店ですが、朝マックの時間帯に高齢者を使っているのです。
あの制服を着たおばちゃんが接客、あの複雑なレジシステムもスムーズにかわしておりました。

接客もとても丁寧で、いわゆるマックの「教科書どおり」の接客でなく、ずいぶんとグレードが高いです。
しかも店を出るときも、「行ってらっしゃいませ、またどうぞ」と、まるで街道沿いの定食屋のようです。

そんなこの店、お客さんもなぜか高齢の方が多いです。
ちょうどこの時間は通勤ラッシュが一段落する時間でしたが、いわゆる通勤客でなく、定年後ゆっくりと過ごす老人がコーヒーを飲みながら、この店員と談笑する、そんなほのぼのとした風景が見られました。

急成長し、いまやそこら中にあるマックですが、こういった戦略もあるんだなぁと、ちょっと勉強になった一日でした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
おばぁちゃんカフェとおばちゃんマック ワクワク湯番頭の『非日常的つぶやき』/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる