ワクワク湯番頭の『非日常的つぶやき』

アクセスカウンタ

zoom RSS 15年の時を経て

<<   作成日時 : 2010/11/02 20:59   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像


先週の日曜日、ついに15年使った炊飯器が壊れました。
以前から不調で、エラーになったことがあったものの、再起動すればなんとかなりましたが、今回は処置なし。
そろそろ買い替えの時期、思い切って新しい炊飯器を購入することに決定。
そういうわけで、アキバヨドバシに行って即購入しました。

前回不調になったとき、お金を貯めておいたので、予算はほぼ決まっていたのと、購入予定の機種を選んでおいたので、迷わずその機種を購入するに至りました。

今回購入したのが、東芝のRC-5RXというIHジャー釜です(画像左)。
今までの(画像右)と比べるとひとまわり小さい3合炊き。
結局、1合くらいしか炊かないし、3合もあれば十分、無駄な電力も使わないで済みます。

IHは前の炊飯器を買う際に、店員に強く勧められ、「嘘だと思って」という強い押しで3万以上もするものを買いました。
しかし、この選択は間違いではなく、米の種類によっては最高においしいお米が炊けました。
特にその当時は、田舎のブランド米を炊いていたので、かなり効果ありました。

今回の機種は、さらに進んで、「白米」「炊き込み」「発芽玄米」「無洗米」と種類別に選択できる上、手作りパンの発酵や、豆腐づくりや、温泉玉子までできます。
しかも驚きは、いままで炊飯器にあった内蓋がなく、キャップのような蒸気口のみで、内釜はなんと銅コートと小さいくせに本格的です。

というわけで、「無洗米」モードで炊飯開始。
無洗米モードといっても、なかなか炊飯開始しません。
無洗米は水に浸してしばらくたってから炊飯するといいということで、白米よりも10分〜20分程度余計に時間がかかるようになっています。

炊き上がったご飯は、最適な炊き上がり。
ベタベタしたり、固かったりもせず、お米がホコホコでおいしいです。
炊き方しだいで激安価格の徳用米でも、今までよりもグンとおいしく炊けそうです。

ここまでうまく炊けると、ブランド米を炊いてみたくなるもの。
近いうち挑戦したいと思っています。
それにしても15年ももった炊飯器、ここまでもつとは思いませんでした、が正直な感想でした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
15年の時を経て ワクワク湯番頭の『非日常的つぶやき』/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる