ワクワク湯番頭の『非日常的つぶやき』

アクセスカウンタ

zoom RSS 意外と保守的??

<<   作成日時 : 2010/04/07 16:36   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像


いまや世間で注目を集める、「i-Phone」
ソフトバンクの人気を急上昇させた、スマートフォンの代名詞的商品です。

そして、この春対抗馬として登場した、ドコモ「Xperia」が登場。
Googleソニーエリクソンの共同開発による、新しいスマートフォンです。

販売店のモックアップ(見本)を見る限り、「i-Phone」よりやや小さく見えますが、寸法・軽さはほぼ同じ。
端末メーカーのソニーエリクソン製だけに持ちやすくて、携帯電話としての機能はかなり高いという評判なんだそうです。

ソフトバンク、ドコモと続いて、auも夏ごろまでにはスマートフォンの市場に参入予定となっており、携帯電話のひとつのジャンルというより、ひとつの生活ツールとして定着しつつあります。

そんなスマートフォン、ワタシはまっっっったく興味ありません!
携帯電話ですから、小さく軽く、通話しやすくあってほしい。
ネットツールや、ミュージックプレイヤーなど、カメラ機能等、なんら現状の携帯に不満はありません、専用のプレイヤーやデジカメ、PDAを持っていればいいことです。

仕事で使う主目的がある以上は、「通話」「メール」がメイン。
ネットは専用端末が必要なほどしません。

そういうワタシも、ノートパソコン主流になる前(12年前)から使っていますし、PDAもザウルスを使っていたこともあり、携帯メールボード(ポケットボード)なんてのも持ってましたし、こうした電子文具のジャンルは早くから飛びついたクチです。
そのワタシも、まったく食指を動かされないというのが、実感です。

たぶん、いろんな機能がついていても、結果使いこなせないということ。
ひとつの端末に機能を盛り込んでも、どこか妥協点があり、不満が出てきてしまうこと。
そのヘンがどうしても引っかかります。

このワタシの性格を保守的というのかはわかりませんが、そういえば料理にしても、家電やカメラにしても、二つのものを一緒にするということを、嫌ってしまいます。

例えば、「金沢カレー」として展開中のゴーゴーカレーは苦手です。
見ての通り、カレーとキャベツが同じ皿に盛られている、というのが不満なところです。
『「カレー」と「キャベツ」は一緒じゃないやろが!』というのが、初めて食べた印象でした。

家電で言うなら、「テレビデオ」。今なら、「録画機能付きテレビ」
『ビデオが壊れたら、重いテレビごと持っていかなきゃ、修理できないなんて困るやろが!』が意見です、便利と整備性は両立できないんですね。

そんなワタシに、果たしてこの先、パッと飛びつくようなスマートフォンは出るんでしょうか?
このワタシに買わせる事ができたら、負けを認めてやるぞ、端末メーカー各社殿!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
意外と保守的?? ワクワク湯番頭の『非日常的つぶやき』/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる