ワクワク湯番頭の『非日常的つぶやき』

アクセスカウンタ

zoom RSS 意外とイケるぞ・・・

<<   作成日時 : 2010/03/22 12:56   >>

トラックバック 1 / コメント 0

画像


こないだ、友人に修理中の間カメラを貸したら、お礼にレトルトカレーをもらいました。
ひとつは、「萌えカレー」(左)で、もうひとつは「メイドカレー・ぎゅう」(右)ですが、彼からのひとこと。
「食べたら感想をブログにのせてくれ」
というわけで、今日ついに食べる機会があったので、いよいよ感想を書きます。

食べたのは、どちらかというと怪しさの残る「萌えカレー」。
アキバのメイド喫茶(着せ替えカフェ)の「キャンディフルーツ・ストロベリィ」の企画によるレトルトカレーになります。

パッケージを見て、ちょっと気になるのが、「ストロベリージャム」入り。
もしかして、ウケ狙いなのか?それともこだわりなのか?
少なくとも、S&B「カレーの王子様」のように、やたら甘いカレーになっているんじゃ?
でも、実際に店でメニューになっているという、ひとつの安心感をもって、さっそく食してみました。

画像


箱を開けると、「萌え」コースターがはいってます。
これは、コーヒーや紅茶と一緒に食べてみたいですねぇ。

で、5分間の煮沸ののち、いよいよひとくち目。
「おや?意外にまろやかな味」

カレー独特の香辛料が食べた後に残る、あの感じがなく、まろやかな味です。
これは、おそらくストロベリージャムの効果だと思います。

野菜や肉も大きめにはいっており、けっしてウケ狙いでなく、カレーとして通用する味です。
アキバの各店でお土産として売られておりますので、気になった方は一度食されるといいと思います。

そして、もう一方の「メイドカレー」ですが、こちらは和歌山の湯浅醤油を隠し味に、具にも気を使ったという本格派なので、心配はしていません。
こちらも次回レポしてみたいと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ネーミングor味で勝負?
あるお土産コーナーの一角に、大きくとられた「レトルトカレー」のコーナー。 最近は、ご当地食材を使ったカレーや、ネーミングに凝ったカレーがたくさんありますね。 ...続きを見る
ワクワク湯番頭の『非日常的つぶやき』
2010/05/23 18:30

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
意外とイケるぞ・・・ ワクワク湯番頭の『非日常的つぶやき』/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる