ワクワク湯番頭の『非日常的つぶやき』

アクセスカウンタ

zoom RSS いよいよこの街にも・・・

<<   作成日時 : 2010/02/09 21:06   >>

トラックバック 0 / コメント 1

画像


6日の「出没!アド街ック天国」は、南千住の隣の駅、三河島でした。
あまり大きく取り上げられることが今までなかった街ですけど、最近「ちい散歩」(生稲が行く)で取り上げられてから、けっこう話題になっています。

古くは「三河島事故」で名を知られ、近年は韓国・朝鮮の方が多く、大久保や上野と並びミニコリアンな雰囲気の店が多い街ですが、古くからの小さな商店街が活気があり、また小さな工場や職人さんがいる街としての側面ももっています。
北海道日本ハムの森本稀哲選手の実家の焼き肉屋さんも登場したとおり、こうした韓国・朝鮮料理の店が多いというイメージが今まであった街でした。

駅から常磐線に沿って東にのびる、「荒川仲町商店街」は、クルマ一台が通るのが難儀な細い通り沿いに、激安店や食品スーパー、鮮度抜群の魚屋や八百屋があって、けっこう買い物に便利です。
シャッターの閉まっている店はなく、比較的にぎわっている商店街です。

また、明治通りに近い、京成新三河島駅近くにも商店街「冠新道」があり、こちらは商店街といえど飲食店も多く、ガイドブックなどに載る人気店もあります。

街の通りも狭く、こまごまとしていて、民家が肩を寄せ合って建っているような感じですが、かなり下町っぽい雰囲気の残る街並みです。

JR常磐線が、日暮里を出てほぼ90度向きを大きく変え、三河島駅にはいってきますが、三河島駅には通常の常磐線の線路以外に、南千住の隅田川貨物駅へ向かう貨物の線路があります。
駅は昔のままで、つい最近まで、ホームの大半が屋根がなかったような小さな駅です。

そういえば、三河島駅近くに、都営バスの「大下」というバス停がありますが、これは「おおした」でなく「おおさがり」と読みます。なかなか難読なバス停名としてマニアには有名ですので、こちらもぜひ確認してみてください。

あまりメジャーでない小さな街ですが、そんな街だからこその独特の雰囲気が味わえる街です。
自転車でめぐってみるとおもしろそうな感じです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
6日の「出没!アド街ック天国」気になりながらも見逃してしまいました。
私のおばちゃんちは三河島駅前からバスに乗り、「大関横丁」で降ります。
住みやすそうな町でした。
セピア
2010/02/10 20:22

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
いよいよこの街にも・・・ ワクワク湯番頭の『非日常的つぶやき』/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる