ワクワク湯番頭の『非日常的つぶやき』

アクセスカウンタ

zoom RSS カセット→CD→MD→ケータイへ 携帯音楽のカタチ

<<   作成日時 : 2006/05/19 08:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


最近、音楽再生機能のついていないワタシの携帯電話(ドコモP901i)でも、音楽再生できるという事を知り、さっそく音楽を入れて実験してみました。

今ちまたに出ている携帯電話は、音楽再生用のソフト及びパソコン同梱ソフトが標準なので、もう当たり前のように音楽が簡単に入れられます。

しかし、そのソフトがないワタシの機種では、「iモーション」として音楽を取り込んで再生します。そのための、「iTunes」ドコモのサイトから入手して、さっそくやってみました。
「iTunes」は、アップル社のiPodにも使われる、音楽編集ソフトです。

音源をいったんライブラリーに書き込んでから、ミニSDカードに落とすため、けっこう面倒ですれど、さすがにいい音です。携帯なので、そのままスピーカーから音を流せますので、ヘッドフォン不要です。

ただし、1曲あたり4MB(4分の場合)もとられるため、最大対応の256MBでも60曲程度が限界です。
今の最新機種なら2GBまで対応なんで、500曲近くはいる計算で、立派な音楽プレーヤーです。電池切れに注意すれば、メモリーオーディオ真っ青です。

一方では、iPodをはじめとするメモリーオーディオも、音質とデザイン、電池持ちのよさゆえ、ちまたでは人気です。ちょっとしたファッションアイテムにもなりますね。

ワタシが最初に携帯音楽プレーヤーを持ったのは、高校生の時。世間はソニーの「ウォークマン」一色、誰も彼もヘッドフォンして電車に乗ってました。ワタシも、バイトで買ったサンヨーの「GAL」というのを持っていて、1時間近くかかる通学時間を好きな音楽ですごしてました。

そのあと、CDの時代がきて「ディスクマン」も買いましたが、車通勤になってからはもっぱらカーステで音楽を聴いて出勤してました。
そんななか、MDプレーヤーを手に入れてからは、また音楽を携帯するようになりました。

MDって便利だな、と思っていたら、100円玉大のミニSDカードに音楽入れられるというのは、これもまた仰天でした。

ワタシが音楽にハマったときからのカセットが、家に実に1000本近く。すでに何がどうなったかすら不明で、ほとんど聞いてません。

これをMDにしたら、1/10くらいのスペース(ワタシのMDプレーヤーはSPモードのみ)におさまり、グッと小さくなるわけですが、それをミニSDにするとどのくらいになるんだろう、と考えたらなかなか行動に起こせません(その前にビデオカセットをDVDにしなきゃ)
もちろん、カーステでの対応を考えるとMDのが有利ですが。。。

カセットからCD、MDから携帯電話へとどんどん気軽になる携帯音楽スタイル、いずれの長所もあるから、なかなか全滅できないんですね。

画像は、現在の我が家の携帯音楽プレーヤー全部、iPodは持ってないけど悔しいから貼り付けてみました。
iPod、欲しいなぁ、でも携帯も機種変したい。。。。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
カセット→CD→MD→ケータイへ 携帯音楽のカタチ ワクワク湯番頭の『非日常的つぶやき』/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる